clear
CD・DVDコピー 業界最安
Ameblotwitter
facebooke+twitter
Clear onlinee
FAIL (the browser should render some flash content, not this).
FAIL (the browser should render some flash content, not this).
 
 
 
catalogue

Catalogue of 2012年7月

エモーション / カミヒカルス

この衝動を、眠らせて。


1年半ぶりの新作は、メンバーも様変わりし生まれかわった「カミヒカルス」の音楽と存在を証明する。
ライブでは感情を爆発させるようなエネルギーを放つ彼らが今作品に込めたのは「内に秘めた感情」であり、リスナーの耳に深く曲を刻み込む。
「ホシノコエ」のプロモーションビデオは、ストレイテナーやsleepy.apなど数多くのアーティストを手がける映像ディレクター小嶋貴之氏を起用。


鋭角で冷めたく切ない感触。
爆発しそうな熱量。
相反する温度が同居する音。
醜い大人達にバラバラにされた愛について。
その散らばった破片を集める為に奏でられた音楽だと感じました。
takuto (新宿Motion/about tess)


6/13 iPhoneに入れたカミヒカルスの新しいアルバムを聴いている。
昨日一日中聴いた、最初は一つひとつの音に集中しながら、二週目は歌詞を目で追いながら、そして今日まで流しっぱなし。
1番最初の印象は、やっぱ凄く良いメロディだなって思った。
すごくしっくりくる感じ。自分の身体のラインにピッタリくるウェットスーツみたいな。
楽曲自体はタイトルにあるようにエモーショナルで嵐のように暴れまくってる。
だけど深く潜るほどに穏やかさや温かさを感じるのは滑らかで美しいメロディラインのせいだと思う。
歌詞についてどうこういうのは好きじゃないけど、ワンフレーズが日常の中でフッと持ち上がる瞬間が必ずくると思うし、
その時まで聴き続けられるアルバムだと思う。
僕は爆音でギター弾きたくなったし、たぶん画家は今描いてる絵を破り捨て、作家はとりあえずコーヒー淹れると思う。
素晴らしいアルバムです。
菊池秀一 (スカーフ)

悲しみってのは捨てようとすればする程、増えるもんで。
幸せってのは捨てたくないのに、消えていくもんで。
このアルバムには聴き手の悲しみを吸収し幸せを永遠にする力がある。
猫田ヒデヲ (FOX LOCO PHANTOM/GOLIATH)

突如ベースが暴れ出したもんで、ビックリして喰うてたうどんこぼしてもうたやんけ!
YDO (ベルノバジャムズ/ちくわテイスティング協会/わっしょいキヨシ)

レーベルのスタッフさんから、カミヒカルスのアルバムが送られてきた。
ちょっと聞くのが怖くて、でも聞いたら、なんか安心してしまった。
自問自答で自分も攻撃して、飛び散ったガラスみたいに、きれいで取り返しがつかない。
なんだ、それってカネモリくんみたいじゃん。って思った。
初対面なのに「一緒にライブやろうぜ」って、あの時声かけてくれた理由が、今わかったよ。
思った通りの未来じゃなくても、歌い続けることにしたのは、あの時の自分がまだ聴いてるから。
カネモリくん、僕の中にも、ちゃんとカミヒカルスは居たよ。
篠塚将行 (それでも世界が続くなら)

カミヒカルス大人でもなく 子供でもないロマンチストな不良少年
鋭利なギターが斬った
ヒカリとカゲ嘘だらけのこの世界で憂鬱や混沌、葛藤を掻き鳴らす中"ROCK"という揺るぎないリアルを歌い続けている
山下マサキ (COLD KITCHEN/FOOLA)

ロックはタマシイです。
優柔不断で、無垢で、エキセントリックで、くだらねぇことも、うまくはいかないことも、猫も、彼女も。
そしてIMAGINEこそ。
カネモリタナカのタマシイ、響きますか?
高塚謙一 (two five one co.,Ltd./同郷のタマシイ)   

more »

1
Clear Music 2010 © All rights reserved.home  |  artist  |  catalogue  |  event  |  contact |  link